Orthodontic Dentistry

立川で矯正歯科を受診する時に役立つ医療業界の常識講座

矯正歯科治療費はどのくらい?

女性の口元

一般的な立川における矯正歯科治療に保険は適応されませんので、実費治療、自由診療という区分になります。治療費の全額が自己負担です。矯正治療にかかる一般的な診療料金を詳しく見てみます。まず初診料として2千円~5千円、検査と診断料として25000円~50000円。表側矯正(歯の表側に矯正の金属の装置をつける場合)65万円~95万円。裏側矯正の場合表の場合の10%から20%高い料金になります。
保険が適応になるケースが全くないのかと言うと実は特定の先天性の異常が厚生労働大臣によって疾患であると認められた場合のみで、唇顎口蓋裂(しんがくこうかいれつ)を代表に23の種類が認められています。そのほか顎の骨の形が変形していることで歯のかみ合わせが非常にわるくなる顎変形症と呼ばれる症状を発していて、明らかに顔にゆがみが生じてしまっているケース。
この場合専門の顎口腔機能診断施設に指定されている専門医での検診と検証に元づいて保険の適応が行われます。ただいずれの立川の矯正歯科治療の場合もかなりの高額医療費になるため、市に申請する高額医療費控除や、確定申告による医療費控除の対象になりますので、かならず立川で活躍している矯正歯科医に確認、相談して費用を少しでも安くあげられるよう工夫することをお勧めします。

矯正歯科で健康的な歯並びにしよう

顔の中でも違和感があると注意を引く箇所といえばやはり歯並びです。最近はマスクをしていても違和感のない世の中になってきましたが、できるだけありのままの素顔で人前に立ちたいと誰もが思うはずです。そんな悩みを抱えているなら立川の矯正歯科で不揃いの歯並びをきちっと治しましょう。美容のためにできることの一つとして広く知られている一方で、体の不調を回復に向かわせる効果も持っているため健康維持にも最適です。
噛み合わせが悪いと主に肩こりや頭痛を引き起こしやすくなることが知られているから、立川にある矯正歯科に行くことは見た目と体の内側の両面でメリットが得られます。ブラケットを取り付けて歯並びを正しい位置へと動かしていくわけですが、他の美容のように一度始めたら根気よく続けることになります。
長年その位置で生活を送ってきて固定されているため、たとえ数ミリでも一朝一夕にはいかないのです。しかし立川の矯正歯科で最後の診察が終わって晴れてブラケットを外すと、その見た目の美しさに感動すら覚えることでしょう。人それぞれ現在の歯の状態、そしてどういったステップで治療を行うかは違ってくるので、まずはカウンセリングから始めて矯正歯科を決めると歯科医師とのフィーリングの合うところが見つかる可能性が高いです。

矯正歯科で歯列を治したい!何をするの?

若い女性が歯並びを気にして治すイメージも強い歯列矯正ですが、今や小さなお子さんでも歯並びを治す人が増えているようです。歯列は見た目の印象を変えるだけでなく、噛み合わせのずれや体全体の歪み、肩こりなどにも少なからず影響していることが分かってきたからでしょう。歯列矯正と一口に言っても、どう施術するかは立川の矯正歯科によってさまざまです。もちろん価格も異なりますし、歯を抜くか抜かないかなど、大きな違いも出てきます。
矯正をする場合、器具を着けている一般的な期間は数年間です。比較的歯並びの乱れが軽い方なら半年程度、料金も10万円前後で済むことが多いのですが、極端に歯が出ているなどの場合、期間も価格もそれ以上かかる場合があります。歯列矯正をすると、噛み合わせなどが整って小顔になったという人もいます。
また、歯並びが悪かったせいで虫歯になってしまいがちだった箇所も改善され、健康的な歯を保つことができるようになります。立川で矯正歯科を選ぶときには、よく説明を聞き、質問をしたらきちんと答えてくれるところが良いでしょう。不信感を感じたりしたら、他の立川にある矯正歯科の意見を聞くことも大切です。始めは器具が邪魔に感じられたり、器具の見た目が気になったりするものですが、慣れてくれば大丈夫ですし、矯正が終わると嬉しいものです。悩んでいる方はぜひ検討してみてください。

article list